木曜日, 11月 26
Shadow

転職

知っておきたい転職活動のお得な情報

転職活動をする時に転職情報サイトを利用される方も多いですが、転職情報サイトによっては就職祝い金というお得なサービスが用意されていることがあります。お得に転職をしたいなら、祝い金がもらえる転職情報サイトを使って転職活動をしてみましょう。 祝い金の金額は企業やサイトによって異なり、多いところだと10万円から30万円もの祝い金を貰うことができます。転職をして新生活を始める際にも、これだけの金額があれば何かと助かることでしょう。また、就職祝い金制度は働いてから数ヶ月の勤務が必要などの条件があるため、利用する前に受け取れるかどうかをチェックしておくことが大切です。 その他に、転職活動を始める時に使うとお得な制度が国の職業訓練です。転職活動を始めたもののなかなか就職先が決まらない方は、何かしらの技能や技術を身に付けて、再度転職活動を始める方もいます。職業訓練制度を利用すると、自費で資格を取得するよりもお得になります。使える制度は全て利用して転職の準備をすれば、転職活動の時に発生する経済的負担を抑えられるでしょう。 転職活動はいろいろとお金がかかりがちなので、祝い金や技能・資格の取得補助などの助成金をうまく活用しましょう。また、仕事を辞めた方で失業給付を受けられる場合は、その手続きも忘れないようにしましょう。自己都合退職の場合にも助成金を受け取れるケースがあるため、転職活動が長引く場合を想定して手続きをしておくと安心です。...

転職理由を説明する際のポイント

採用面接の場では、転職や退職の理由について問われることも珍しくありません。採用者側がこのような質問をするのは、その人物を採用しても果たして長く勤続できるのか見極めるのが狙いです。同時に、転職や退職へ至ったプロセスを見ることで仕事への誠実さや能力も探り、新たな職場とのマッチングを調べたいという隠れた意図もあります。 このような質問に対しては、志望動機につながるようなポジティブな理由を述べて、前職では不可能だった目標にチャレンジしたいなど、新しい職場での可能性を理由に挙げるのがベターです。ただし、漠然と前向きな姿勢を示したり、単なるキャリアアップを理由にするだけでは不十分で、これだけでは前職では評価されなかった人物、あるいは理想だけで行動する安易な人物というネガティブなイメージを採用者側に与えてしまいます。したがって、前職では最大限の努力をしたことを伝えた上で、新しい職場でしかチャレンジできない理由を具体的に説明することがポイントになります。 また、前職の待遇面に対する不満を述べるのも採用面接では避けなければなりません。待遇面ばかりをアピールすると自己中心的な人物、あるいは不平不満を抱えやすい人物など採用者側にマイナスの印象を与えてしまいます。そのため、待遇面の不満はもとより待遇面そのものをアピールすることもできるだけ最小限に抑えるのがポイントです。 その一方で、自分が新しい職場でどれだけのことができるのか、具体的にアピールすることの方が採用へ近づけることを知っておくとよいでしょう。...